睡眠のポイント

美肌をつくる

美肌のためには睡眠の質がポイント

究極の美肌法は質のよい睡眠を取ることなのです。
寝る子は育つと言われるように、眠ることは絶大な健康維持、美肌促進作用があるのです。
夜ふかしをしている方は、肌がボロボロになっているケースが多いです。
人間の肌は深夜にターンオーバーが活発となり、生まれ変わると言われています。
深夜に起きているだけで、確実に肌トラブルを誘発します。
美肌のためには、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜22時~翌朝2時までの間には就寝している必要があります。
この時間帯に起きていると、肌をゆっくりと休ませることができません。
肌にストレスを与えると免疫力が低下し、様々な肌トラブルを招くのです。
特に多いのはニキビと湿疹であり、いずれも非常に治りにくいです。
生活習慣の乱れからくる肌トラブルは、生活の見直しをしなければ完治しません。
美肌のためには、1日7時間以上は眠るようにしましょう。
沢山眠ればよいわけではありませんが、6時間程度ではストレスを解消するには足りません。

美肌には睡眠が欠かせません

美肌を作る上で欠かせない睡眠。
「睡眠不足はブスを作る」と言われるほど大切なのです。
人の体は眠っている間に「成長ホルモン」が分泌されます。
成長ホルモンと聞くと背を伸ばすためのものと思われがちですが、成長期を終えても非常に大切な役割を果たすのです。
この成長ホルモンの分泌が滞ると、体に様々な不調が現れます。
肌に関しては、まずターンオーバーが乱れることにより、古い角質が残りやすくなります。
これにより、シワやしみ、吹き出物といったお肌のトラブルが現れます。
また、体全体の血流の流れが悪くなるため、肌の色もくすみがちになり、クマなどもできやすくなります。
肌のゴールデンタイムである20時〜2時の間は、成長ホルモンが最も分泌されやすい時間とされています。
この時間帯に眠ることにより、美肌だけでなく体の調子も良くなります。
また、この時間帯に眠るのが難しい方は、体をリラックスさせて、質の良い睡眠をとることを意識してみましょう。

注目サイト

水素治療について調査している研究会

2018/8/31 更新

COPY RIGHT (C) 2015 美肌をつくる ALL RIGHT RESERVED